Generic selectors
完全一致検索
タイトルから検索
記事本文から検索

パレスチナで造られるユニークな修道院ワイン「クレミザン・ワイナリー」

 記

Cremisan Wine Estate(クレミザン・ワイナリー)

クレミザン・ワイナリーは1885年にイタリア人宣教師が、修道会の存続と貧しい人々や孤児の救済を目的として設立したパレスチナ初のワイナリーです。

また、地元の人々に働く機会を与え、ベツレヘムやエルサレム周辺の教会にワインを提供することも目的としています。

クレミザンはベツレヘムから北西へ5km、エルサレムから南西12kmの位置にある、美しく穏やかな地域です。

ワイナリーにもなっている「クレミザン」は、地元のおいしいブドウ品種の名前に由来していると言われています。

1863年に若きイタリア人宣教師のアントニオ・ベローニ神父(Father Antonio Belloni)は、ベツレヘムとベト・ジマル(Beit Jimal)に孤児院を開設しました。

そしてベツレヘム地域の貧しいキリスト教徒の孤児たちの世話をし、彼らに保護施設や宗教的・専門的な教育を提供しました。

その数年後、イタリア人司祭によって、宗教教育施設としてクレミザン修道院が設立されました。

そして1885年には修道院の自給自足を促すためにワイナリーが開設され、地域の貧しい人々への奉仕活動も行われました。

アントニオ・ベローニ神父は彼の生涯を終える数年前に、サレジオ会の創始者であり貧しい子供たちの世話をするという共通のミッションを持ったドン・ボスコ氏(Don Bosco)に出会いました。

ドン・ボスコ氏のミッションに共感した彼はサレジオ会の一員となり、サレジオ会に社会活動への支援協力を求めました。

そしてサレジオ会によってクレミザン修道院でのワイン造りが発展していきました。

View this post on Instagram

A post shared by Terra Sancta Wines and Spirits (@terrasancta_wine_beer_arak)

クレミザン・ワイナリーの修道院ワイン

クレミザン・ワイナリーは、パレスチナ産のブドウを使ってワインを生産し、さまざまな国際コンクールに出場した最初のワイナリーであり、パレスチナ産のブドウの遺伝子分析を行い、パレスチナに実際に何種類のブドウ品種があるのかを調べた最初のワイナリーでもあります。

クレミザン・ワイナリーのワインはすべて有機栽培で、農薬や化学薬品を使わずにブドウの木を手入れし、ブドウの収穫は手作業で行われています。

View this post on Instagram

A post shared by L.M. ARCHER | wordsmith (@lmarcherml)

クレミザン・ワイナリーの自然環境

現在、クレミザン地区はユダヤで最も美しいリゾート地のひとつとなっており、ピクニックや遠足にも人気のエリアになっています。

 

それは生態系環境の保全のおかげだけではなく、斜面を段々にし、ブドウ畑やオリーブ畑を栽培し、過去100年の間にこの広大なエリアを作り上げたサレジオ会の忍耐強い活動のおかげでもあります。

 

ワイン造りに理想的な肥沃な土壌と乾燥した夏の気候を持つ、クレミザン地域の環境のもとで造られるユニークな修道院ワインをぜひお楽しみください。

 

View this post on Instagram

A post shared by Terra Sancta Wines and Spirits (@terrasancta_wine_beer_arak)