Generic selectors
完全一致検索
タイトルから検索
記事本文から検索

イスラエルで造られる「音楽のワイン」:シラン・ワイナリー

 記

Shiran Winery (シラン・ワイナリー)

シラン・ワイナリーは2012年に設立したばかりのまだ新しいワイナリーです。

シラン・ワイナリーのワインに使用するブドウを栽培しているブドウ畑は、ゴラン高原の北部からイスラエル南部のミツペ・ラモンまでイスラエル全土に広がっています。

 

シラン・ワイナリーはシラン家の自宅で小さなガレージワイナリーとして設立され、設立当初は年間数百本のボトルのみを生産していました。

2018年にシラン・ワイナリーが年間数千本のワインを生産するまでに成長してからは、ヘブロンのキリヤット・アルバにワイナリーを移転しワイン造りを続けています。

View this post on Instagram

A post shared by Shiran winery (@shiran_winery)

個性的なワイン醸造家:エリ・シラン氏

シラン・ワイナリーのオーナー兼醸造家のエリ・シラン氏は、「ブドウの樹に耳を傾け、ワインを造る」という独自のスローガンで知られています。

シラン・ワイナリーは「音楽」をテーマにワイン造りを行っており、このテーマには音楽家で歌手であるシラン氏の父への敬意が込められています。

シラン氏はワイングラスやブドウを耳に当てて、そこから醸し出される音に耳を傾けているのです。

View this post on Instagram

A post shared by Shiran winery (@shiran_winery)

2011年にシラン氏は、レカナッティ・ワイナリー(Recanati)の元醸造家で、現在はバルカン・ワイナリー(Barkan Winery)の醸造長を務めているイド・レヴィンソン(Ido Levinson)氏の指導のもと、ワイナリー経営のコースを受講しました。

イド・レヴィンソン氏は2020年にワイン業界で最も権威のある称号であるマスター・オブ・ワイン(MW)を取得したイスラエルのワイン業界でも名高い人物です。

その後ワイナリー経営コース修了後の2012年にシラン氏は本格的にワイン造りを開始しました。

 

シラン氏はイスラエルで一般的に栽培されている国際品種であるカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローのブレンドワインをシラン・ワイナリーの最初のワインとして醸造し、彼の父の名前にちなんで「Chazzan」と名付けました。

このワインは、ワイナリー設立後わずか数年でイスラエル国内とヨーロッパの国際コンクールの両方で金賞を受賞し、シラン氏はワイン醸造家として華々しいスタートを切りました。

 

その後シラン氏は、成功を収めた国際品種のみならず、イスラエルのテロワールを存分に表現するためにカリニャンやグルナッシュ、プティ・シラーなど地中海地方で主に造られるブドウ品種の栽培に乗り出しました。

 

またシラン氏は従来のワイン造りの常識を破り、毎年異なるブドウ品種を使用しワインのブレンドを変えることによって、毎年違ったワインを産み出すというユニークなワイン造りに力を注いでいます。

多くの醸造家は毎年同じブレンドや単一品種でのワイン造りを好みますが、シラン氏は毎年少しずつ変化をつけながらも同じようなスタイルのワインを造るという哲学を貫いています。

これはシラン氏が「人は人生が進むにつれて成長し、変化していくもの」だと考えており、それをワイン造りにも反映させているからです。

View this post on Instagram

A post shared by Shiran winery (@shiran_winery)

シラン・ワイナリーの赤ワイン

シラン氏が造り出すワインは、人生や人々に対する様々な感情や態度を表現しています。

「ソプラノ」は花のようにフルーティーでアロマティックでありながらも深みのあるキャラクターでより女性的な印象であるのに対し、「コンダクター」は、2人の優れたダンサーがダンスフロアで情熱的に踊るのを見ているかのように、2つの強力な個性を持つブドウ品種が優美に組み合わされています。

ソプラノ(The Soprano)

グルナッシュとプティット・シラーのブレンドで造られる赤ワインです。

ブドウの果実味が前面に出ていて、しっかりとした樽香のある赤ワインに仕上がっています。

クランベリーなどの赤系果実とスパイスの香りに、生き生きとした花のようなアロマを持ち、味わいにはブルーベリー、ラズベリー、繊細なバニラのフレーバーが溢れています。

View this post on Instagram

A post shared by Shiran winery (@shiran_winery)

コンダクター(The Conductor)

オーク樽で熟成されたプティ・シラーとプティ・ヴェルドのブレンドは、パワフルでありながらバランスのとれた味わいに仕上がっています。

熟した赤いベリー系果実やカシス、なめし皮の香りに続いて、クランベリーやブラックチェリーなど果実味豊かな味わいが堪能できるフルボディの赤ワインです。

View this post on Instagram

A post shared by Shiran winery (@shiran_winery)

シラン・ワイナリーの白ワイン

シラン・ワイナリーで造られている白ワインの多くは単一畑から収穫されたブドウ品種から造られています。

伝統的ではないブレンドを試すことで、シラン氏が持つ個性的な哲学と、イスラエルのテロワールに由来する複雑な味わいを表現したユニークなワインを造っています。

トライアド (The Triad)

ヴィオニエ、セミヨン、シャルドネの3つの品種をブレンドした、口の中で踊るような印象の味わい深い白ワインです。

それぞれのブドウ品種が持つ長所を最大限に引き出しており、高い酸味と低アルコールを保ちながらも、トロピカルフルーツやフローラルなアロマを余すところなく表現しています。

時間とともにグラスの中でアロマが綺麗に開き、食事の最初から最後までワインの味わいの変化を楽しむことができる白ワインです。

 

シラン氏の個性豊かな考え方と哲学、そしてワイン造りに対する彼の既成概念にとらわれないアプローチから生まれるワインの音色にぜひ耳を傾けてみてはいかがでしょうか。