Generic selectors
完全一致検索
タイトルから検索
記事本文から検索
投稿ページ内を検索

イスラエルのスタートアップがCOVID-19の症状の検出を音声にて解析する技術を開発。(CALCALISTECH記事)

 記

Israeli Startup Tries to Figure Out What Coronavirus Sounds Like

Is it possible to detect coronavirus (Covid-19) by the sound of a patient’s voice? Israel’s Ministry of Defense is technology developed by voice analyses startup Vocalis Health on confirmed coronavirus (Covid-19) patients to see if the virus has a unique vocal fingerprint that can help with diagnosis, the company announced Tuesday.

本記事はイスラエルの国防省がCOVID-19に罹った方の声を採り分析すると特徴があり「声の指紋」が取れるかもしれないとして、音声分析スタートアップVocalis Healthが開発した技術を試しているというもの。

 

技術を開発しているVocalis Health社は元々Beyond Verbal Communication社(2012年創業)とHealthyMize社(2015年創業)が2019年12月初旬に合併してできた企業。両社とも音声分析技術を保有し、病気の早期発見に役立てようとしていた。

 

合併企業は2019年末にCheckpoint社のCo-FounderであるMarius Nacht氏が主要LP出資家で、元政府の医療デジタル化を推進していたDr. Yair Schindel氏の率いるaMoon Velocity (※)より$9Mを調達している。

※aMoonの2本のファンドとは異なりEarly Stageに投資するSideファンドでaMoonのLP投資家しか参加できないファンド)